引越し見積 札幌 安い

引越し見積 札幌市内北海道内の 安い業者をチェック

札幌市や北海道内の引越料金の相場ってどうなっているの?

 

引越し料金の決め方

アドバイザー

基本運賃+実費+オプションサービス料金=引越料金

 

 

基本運賃 国が決めている基本的な料金です。どの引越し業者も大体同じ金額で設定しています。
実費 ダンボールなど荷造りに使われるものと作業する人の人件費がメインになります。他には輸送に使うトラックや高速料金など実費として請求されます。
オプションサービス料金 一般的なの引越し作業以外のことを行った時にかかる費用です。例えばエアコンの設置や撤去、ピアノ搬送、クリーニング、不用品の廃棄するなどの費用などです。

 

札幌の引越し料金の相場

 
単身引越
札幌市内 札幌近郊50kmまで 北海道内50km以上
3万円〜5万円 3万円〜5万円 4万5千円〜6万円

 

家族の引越し
札幌市内 札幌近郊50km以内 北海道内
6万円〜12万円 7万円〜14万円 9万円〜17万円

※2,3月の繁忙期には割増料金が付くので相場も高くなります。

 

実は引越料金の相場は、はっきりと決まっていないのが実情なんです。
現実にはそれぞれの業者で料金に差があります。いくつかの業者へ引越し料金の見積もりを依頼してみると数万円もの差があることもしばしばです。
札幌市内や近郊などの引越しを中心に手掛けている地元密着の会社もあれば、長距離の引越しを得意としている業者、全国ネットの大きなところなど様々です。
それぞれの業者には料金やサービス内容にも違い出てきます。
なので最初から一つの業者に決めるのでなくて、複数業者から見積もりを取り寄せて、より安い業者、サービスのいい業者を見つけて出すことが賢い引越しをするための方法です。

 

↓↓ 札幌の引越し料金をもっと詳しく知りたい方はこちらへ ↓↓

どうして一括見積を利用するの?

業者ごとに料金に差が出る

実際に複数業者に同じ条件で見積もりを依頼してみると、各業者ごとに見積額が違ってきます。ある業者は10万円だったけど、別の業者は5万円だ戸いうこともけっこうあることです。
これは引越し業者のスケジュールの空き具合や、得意分野によって変わってくるのです。
つまり複数の業者から見積もりを取り寄せ比較することで、より安く良い条件で引越しをすることができるようになります。
ただ、自分で1件1件業者を探して見積もりをお願いするのは、とても時間と労力がかかってしまいます。そこでおすすめなのが引越し一括見積サイトを利用する方法なんです。
この方法だと無料で簡単に最大10社から見積を取り寄せることができます。

 

交渉でさらに値引き、好条件を勝ち取る

2,3の業者を対比されることでさらなる値引きを引き出すことも可能です。
でもやみくもに値引き交渉をするよりも、いくつかのポイントを決めて値引きを行うのが賢い方法です。

  • 引越しの日時を変更する
  • 特定の作業を自分で行うようにする
  • 梱包用資材を自分で準備する

例えば、週末よりも平日が料金が安くなりますし、引越しの時間帯を午後にしたり、業者の指定時間に合わせることでさらなる値引きが可能になることがあります。

 

↓↓ 引越し見積りで好条件を引き出す ↓↓

 

 

引越料金を安くできるポイント

引越の料金は決まっているからいくら努力しても安くなることはないと思っていませんか。実際はそのようなことはなくちょっとしたポイントを知っていれば、何もしないでも安くすることができるんです。
まず第1のポイントは、引越しをする時期です。1年の内で最も引越しをする人が多くなるのは3月です。これは転勤や就職、進学などを控えて3月に一挙に移動するからです。
この時期は札幌の引越し業者も多忙になりますので、料金も繁忙期の設定になり他の月よりも割高になります。自分で引越をする時期を選べるのであれば3月は外したほうが無難です。

 

3月に札幌に引越し

3月になると割高になるだけでなくかなり前から予約を入れておかないと、自分の希望の時間帯に引越しをすることができないでしょう。大手の業者が地元でも評判の良い業者などはすぐに予約でいっぱいになってしまうので、うかうかしているあまり評判のよくない業者に引越を依頼しないといけない羽目になってしまいます。
3月以外の閑散期に引越をすれば割引料金なども期待できます。

 

2つ目のポイントは、時間帯を業者に合わせることです。午前の引越よりも午後からの引越しの方が割安料金になります。これは、午前の引越は時間通りに始まりますが、午後に予定している引越しは、午前中の引越が終わってからになるので正確な時間が決められないからなんです。なので料金が割安になるのです。もし近場の引越なら午後便にしてはいいかがでしょうか。

 

ポイント3つ目は、自分でできることはできるだけ自分で行うことです。小物や洋服、台所用品など自分で荷造りできそうなものをやってしまうことです。これでかなりの費用の節約できます。場合によっては作業人員を減らしたりすることだって可能なので、これはホントに料金を少なくするうえではかなりの効果を発揮できますよ。

 

引越しが狙い目の時期は

引越を安くしたいという人にとって、やはり札幌でも引越しが少ない時期や曜日、時間帯を狙うのが一番手っ取り早く確実です。
航空運賃と同じように業者も忙しい時期だと料金も割高に設定しています。なんと言っても引越料金が高いのは3月と4月です。この時期は誰もが知っているように転勤、就職、進学で引越しをする人が増えます。だから料金も高くなります。
それと9月10月もやや引越しする人が多くなります。これは企業の転勤移動日がこの時期に集中しているという理由からです。今までは引越しが多い月を見てきましたが、1か月の内では月初めと月末、そして大安も引越しが多いんだそうです。
以上データから考えると引越料金が安くなる値引きが期待できそうな時期は実は5月と6月です。そして平日の仏滅が最も料金が安くなる可能性がある日であるということです。
このような日に引越しをすることができるかどうかわからないと思いますが、ある程度自分で日取り自由に決められるのであればこういった日に引越をしてみるのもよいかもしれませんね。

 

それと時間帯によっても引越料金は変わってきます。引越しをする人はほとんどが午前中に引越を開始できるように予約してきます。なので午後からの引越には意外に空きがあったりします。
なので引越し業者でも午後からの引越料金を多少安く設定して予約を取る傾向があります。
また引越し業者の時間に合わせるフリー便というのもあるので、こちらも自分で時間が決められないというデメリットがありますが、安く引越しをしたいという方にはこういったプランを使ってもいいでしょう。

 

札幌引越料金節約術

引越しは出費が多くなってしまうので出来るだけ安く引越しできるように工夫することも大事です。
最近の引越しでは梱包もスタッフがやってくれますし、ダンボールや梱包資材などもサービス料金に入っています。

自分でやる

ですが、この梱包を自分でやる事で安くするということが可能です。

また、梱包資材やダンボールも不要だということで更に安くしてもらえるという場合もあるのです。

 

例えば、ダンボールはスーパーなどのお店で言えばもらえますので自分で調達します。
梱包資材もテープや紐などは安く買ったり、プチプチのかわりには使わなくなった服やタオル、いらなくなった雑誌や新聞紙などをぐしゃぐしゃにして使うと便利です。
荷造りも自分でやります。
早めにちょっとずつ梱包することでこなしていきましょう。
ポイントとしては

  • 普段使わないものから順番に梱包していく
  • ダンボールには何が入っているかを上面と側面に書いておく
  • 普段使うものは最後に荷造りして目印をつけておく

(赤マジックで目印、色違いのテープで目印など)
といったことです。
これらの工夫をすることでかなり引越し代金が節約することが出来ますのでちょっと頑張ることにはなりますが安く、効率が良い引越しをするようにしましょう。

引越の理想的なスケジュール

札幌市内での引越、市外への引越、引越は人生の中でもそう度々あるイベントではありませんから、段取りとか手続きとかはっきりとしない部分もあります。
特に引越が初めての人なら、どうやっていのかわからないという方もいるようです。
通常は急に明日引越ということはないでしょう。ほとんどの引越は数か月前とか数週間前とか決まることが多いです。
引越が決まったら最初にするべきことは
マンションやアパート、公営住宅など賃貸住宅に住んでいるのであれば、その解約を伝えます。その時に引越し会社から引越料金の見積もりをと寄せると良いでしょう。できれば複数業者からそうするとことで、それぞれの業者の見積額を比較しながら時間をかけて納得のいく業者選定ができます。
引越日の1か月前には、度の引越業者に依頼をするか決めておきます。
引越する2,3週間前くらいから少しずつ荷造りを始めましょう。それと同時に引越に関連する手続きなどもやっておくと後々ラクです。
引越の前日には忘れずにご近所に挨拶をしましょう。
以上が引越しの大雑把な流れです。

 

賃貸の解約規定を知っておく

賃貸住宅の場合は、いつまでに解約の連絡をすればいいのか?
解約の連絡は書面によるものか、あるいは電話など口頭でもOKなのか?
賃貸住宅から出ていくのが月の途中になった場合には、家賃は日割り計算で支払うことができるのか?
敷金はいつ返金されるのか?そして返金の方法なども確認しておきましょう。

 

引越の時に必要になる手続き

ここでは札幌市外へ引越しするケースを例にした必要な手続きを紹介。

  • 子供の幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校などの転園や転向届け
  • 固定電話を契約しているのなら移転の手続き、ほとんどの場合はNTTに連絡すればOk。
  • 電力会社へ電話かインターネットで電気の停止の連絡
  • 水道の停止は電話かインターネットでできる場合も多いようです。
  • ガスの停止
  • NHKには住所変更の連絡はインターネットからでもできます。
  • 衛星放送やケーブルテレビの住所変更連絡
  • 新聞の住所変更は、最寄りの新聞販売所へ連絡します
  • 郵便物の転送届、旧住所宛の郵便物の新住所へ1年間に限り転送してくれるサービスで郵便局かインターネットで可能
  • インターネットを利用している場合は、契約しているプロバイダーへ移転の手続きする必要があります

 

 

役所での手続き
  1. 転出・転居届
  2. 国民健康保険に加入している場合は、その資格喪失届
  3. 印鑑登録をしていれば、印鑑登録廃止届

 

引越し見積りの体験しました!

この夏に引越を行いました。見積は3社でWEBの一括見積機能は利用せず、まず各業者の作業内容などをHPで知りえる限り調べ、数社に絞込みました。
安さだけの業者、サービスを重視する業者など様々ですが、私が考える業者は、最終的には納得感ある適正な価格での引越です。業者選びで重視するポイントは、業者から提示された料金がいかにして算出されたものか、また、作業の内容などが根拠たるものであるのか、この点を見極めることができれば、良い業者選びは簡単なものになります。
要は、業者の選び方とは、引越料金と引越サービスのバランスがあるかどうかということです。

 

  1. トラックの大きさ
  2. 引越する距離
  3. 作業員の数
  4. モノの量や数

が適正に反映された見積かどうかです。

 

@は、1t車が所謂ライトバン、2t車が宅配便業者が使っているトラックです。
適当なトラックの空きが無いとか、不要に大きなトラックを用意させることで料金を上げていないかのチェックができます。
ABは、作業員の人件費を考えてみることです。作業員をどのくらいの時間拘束(移動時間・作業時間)するのかを、一般的な時間給×作業員の数×拘束時間で計算してみることです。
また、その作業員の数が、Cにあてはめて適正なのかを判断してみるこです。
自分がやったらどれぐらいで終わりそうなのかを基準に考えてみることがその一つの判断基準です。
あとは、自分や友人が当日どの程度手伝えるのかを加味して、業者の手間を省き、料金に反映させる堅い引越の方法です。

 

引越料金を安くしたいならこちら!>>

 

2018年から引越のキャンセル料金が大幅にアップ

引越の依頼をしてやむを得ない事情によりキャンセルをする事態になった場合は、引越当日の解約は運賃の20%、前日は10%、2日前なら無料となっています。これが2018年6月より大幅アップになるので、利用者の負担が増えることになります。
改定後には

  • 引越当日の解約料金=運賃と人件費の50%
  • 前日の解約料金=運賃と人件費の30%
  • 2日前の解約料金=運賃と人件費の20%

昨今はインターネットの普及により一括比較見積サイトを利用して引越業者と契約する人が増加していることから、その手軽さもあってかカンタンに直線になってキャンセルする人が増えているそうです。
引越業者側では、3日以上前からその引越のために作業員を確保していますから、急なキャンセルは引越業者のスムーズな作業や運営の妨げになっています。特に引越しの繁忙期である3月末には作業員が足りなくなったりして予約を断る事態もありますから急なキャンセルは営業上も大きな痛手となっています。
そういったことから引越業者側では国土交通省へ解約料の引き上げを求めていたそうです。

 

引越の代金は主に運転手や作業員の人件費と、梱包資材、トラックの運賃です。安易なキャンセルはトラックや作業員などの無駄につながっていきます。
直前のキャンセルをできるだけ減らすためにもキャンセル料金の値上げはやむ得ない措置と言えます。
利用者側としてもできるだけ早めにキャンセルを連絡することが大切ですね。

 

引越業界は出入りの激しい業界であると言われています。作業員は言うまでもなくトラックのドライバーも不足気味で有効求人倍率が全職種平均のおよそ1.8倍という状況で引越業者でもドライバーを確保するのに苦労していると聞きます。
繁忙期の3月には学生のアルバイトや人材派遣などで人手不足をカバーしていますが、アルバイトや派遣社員の人達は引っ越し作業の経験が全くない人も多数いますから、どうしても作業が遅くなったり、ミスなども出てくるケースが考えられます。
実際に引越業者の社員が言っていたのですが、できるなら引越は繁忙期の時期は避けたほうがいいという話でした。
ある引越ではリーダーの一人だけが社員で他の2名は引越未経験のアルバイトであったためにほとんどリーダー一人で荷造りや作業を行っていて他の2名は何もしていないので作業時間が凄くかかってしまったそうです。
そしてもう一つの話では引越し先の若い女の子にアルバイトの学生がちょっかいを出したり、アルバイトの社員が盗みを働いたようなこともあったそうです。

 

札幌で引越し業者を選ぶ際には、料金の安さだけではなく信頼できる業者かどうかも選ぶうえでの基準にしたいものですね。

 

札幌市内での引越、札幌市外への引越し

引越し荷物受注が急増中〜北海道内は札幌を中心に30%増
札幌圏の引越は1年間の内で3月中旬から4月初めまで年間の50%がこの時期に集中〜
しかも今年は4月から消費税値上げに伴い、増税前に引越しを済ませたい企業や個人が増加しているので、注文を断る業者も増えています。
札幌の大手引越し業者は企業からの受注で目いっぱいで、今のところ個人の引越しは断りを入れているという状態です。
このような繁忙期に注意したいのは、悪質業者の存在です。実際ここ数年荷物の破損や運送日時を守ってもらえないなどのトラブルが頻発しています。

 

引越が集中して予約が取りづらい時期には
一括見積を利用するのが便利です。
地元密着の業者やテレビCMでおなじみの大手の業者まで全国で200社以上が登録していて、その中から複数の会社から見積もりをカンタンに取寄せることができるサービスです。
料金もかからないし、実績のある信頼できる業者が登録されているので、安心して申し込むことができます。

↓↓ 無料で見積もりを依頼する ↓↓

 

 

札幌の引越し業者

アート引越センター

アート引越センター

アート引越センターは、顧客満足度ランキングの上位に常に名前が挙げられる大手引越し業者です。アート引越しセンターの満足度が高い理由としては、養生が丁寧であることや、「ワンストップサービス」など、アート引越しセンター独自のサービスが挙げられます。「ワンストップサービス」は、新聞や電力会社、ガス会社などの住所変更を代行してくれるサービスであり、その他にも引越し後1年以内であれば1回だけ家具移動を行ってくれるサービスや、エコ楽ボックスの無料レンタルを利用することで、段ボールなどの梱包資材を使わなくて済むなど、独自のサービスが目立ちます。また、女性のスタッフのみで引越しを行う「レディースパック」もあり、一人暮らしの女性でも安心して引越しを行うことができます(ただし、重い荷物が多い場合は使えません)。アート引越しセンターは引越しのノウハウが豊富で、あらゆる顧客に対応することができるので、利用者にとっては心強い存在です。

 

クロネコヤマト引越センター

クロネコヤマト引越センター

クロネコヤマト引越センターは、全国に48支店と500の引越しセンターを配置している大手引越し業者です。全国に対応していることに加え、利便性の高いサービスをリーズナブルに提供していることで人気が高いです。クロネコヤマト引越センターのプランは、「単身引越」と「家族引越」に分かれており、必要なサービスだけを選択できる「セレクトオーダー」を採用しています。また、荷物の量に応じて料金を決める「ユニットロード方式」のため、余分な費用をかけずに引越しすることができます。特に単身引越のサービスは評判が良く、転勤者の利用率が高いという特徴があります。クロネコヤマト引越センターの料金は、プランの基本料金とオプション料金、BOX単位の料金から算出されるという明瞭会計のため、不要であれば見積もりを取る必要もありません。また、日取り・時間の融通が利く方は、「おまかせフリー割引」を利用すると、基本料金の半額程度が割引されるので大変お得です。クロネコヤマト引越センターでは、基本的にアルバイトを起用していないため、スタッフ対応の評価も全体的に高めです。

 

サカイ引越センター

サカイ引越センター

サカイ引越センターは、大手引越し業者の中でも人気の高い引越し業者です。人気の理由としては、料金の安さや作業スピード、サポート窓口の対応の良さなどが挙げられます。しかし、サカイ引越センターは実際の料金を後悔していないため、見積もりをとるまで料金が分からないというデメリットもあります。また、営業マンの押しが強いという評判もあり、「なかなか帰ってくれない」「上乗せしすぎる」というような声も聞かれます。とはいえ、現場の作業員の対応などは、手際が良くて丁寧であると高い評価を受けており、作業終了後の無料サービスなども好評です。営業マンの対応のときに即決しないように気を付けつければ、検討する価値のある引越し業者であるといえるでしょう。もしも不安であるならば、一人ではなく家族や友人とともに見積もりを受けるか、先に他社の見積もりを受けるなど、比較材料を用意しておきましょう。確かに、サカイ引越センターは料金が安いと評判ですが、引越しの条件はそれぞれ異なりますし、必ずしも他社と比べてもっとも安くなるとは限りません。