酵素でダイエット、痩せやすい風習になろう

ダイエットを実践するうえで大切なのは、基礎代謝をあげることです。同じように食べて運動しても代謝がよくなれば、痩せやすい体質になります。酵素は、消化を助ける「消化酵素」と、エネルギーの代謝にかかわる「代謝酵素」に分けられます。
消化酵素は優先的に使われるので、不足すると代謝酵素が少なくなってきます。
これで、代謝が悪い体になり、痩せにくい体になり、疲れやすくなります。老廃物が体に溜まり便秘になるので、ダイエットには悪循環です。

酵素をとるには、野菜やフルーツを生食べることです。野菜と果物を使ったジュース、酵素は熱に弱いため、火を通さないジュースは適しています。ビタミンやミネラルもとれるので、栄養のバランスもよくなります。味噌やキムチ、漬け物、チーズの発酵食品を毎日食べても酵素は増えます。

最近、話題になっているのが酵素ドリンクの甘酒です。甘酒は夏バテも効果があるドリンクです。甘酒とココナッツオイルを冷凍したココナッツ氷が話題になっています。シャーベットみたいに食べれますし、カロリーも少なく美味しいです。酵素ダイエットを続けるためにも美味しいものを食べることが大切です。酵素を上手に摂って代謝が良くなれば、ダイエットに成功します。